13.web (mew-sound.net)


by a_sound

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Mewバイオグラフィー
Mew(ブログ記事)
Mewライブレポ
Scandinavia関連記事
ブログについて

LINKS

mewsite.com
 MEW OFFICIAL SITE
facebook.com
 facebook.com/mewmusic
twitter.com/mewwire
 twitter.com/mewwire
myspace.com/MEW
 myspace.com/MEW
Mewofficial's Channel
 Mewofficial's Channel(you tube)
EVIL-OFFICE.NET
 EVIL-OFFICE.NET
sonymusic.co.jp(mew)
 sonymusic.co.jp(mew)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 01月
more...

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

音楽

画像一覧

カテゴリ:Mewバイオグラフィー( 10 )

【バイオグラフィ】MEW BIOGRAPHY(1990-2003)

彼らのストーリーは1990年、デンマークのコペンハーゲンに始まる。

JonasとBoが7th Gradeの時、学校である計画を共に進めることになった。
それはOdysee と名付けられた超現実主義的なショ−トフィルム製作で、
人類の自然破滅を表現した作品であった。

結果としては奇妙なイメージの寄せ集めとなったが、その不器用な編集作業を
共に進めた道のりは、JonasとBo(Boが映像の企画と指揮をしたそう)の友情を
育み、親友となった。そしてその後、彼らはバンドを組むことを決めた。

彼らの最初のバンド名は完全に造語的なものであったが' Whorehuss 'に決めた。
Boはギター、Jonasは歌も演奏の経験も全くないまま ボーカルとして、彼らは
わずかに曲を書き始め、デモをいくつか レコーディングした。

けれどもその数年後、Boはアメリカへ1年間の交換留学生としてデンマークを
離れることになった。この出来事により、彼らはこのバンドへの計画を
延期せざるを得なかったのである。

Boが不在の間、Jonasは'Chien Orange'(Orange Dog in Frenchと言う
意味だそう)と言う新しいバンドのメンバーになっていた。このバンドの他の
メンバーには、最終的にベースプレイヤーとしてMewに加入することになる
Johanがいた。

1年後、Boがアメリカから帰国。彼もこのグループのメンバ−となった。
その頃何度かラインナップが入れ代わり、そのグループは
'The Degenerates 'と名付けられた。そしてAlternative系の彼ら自身の
音楽スタイルを発展させ始めたのである。

その頃、彼らはまだ全員ハイスクールに在籍していたが、それ以外の時間は
全てと言っていいほど、音作りと練習に向けられた。

1995年の夏、在籍していたドラマーと入れ替わる形でSilasが加入。
現在(2003年当時)のMewとして知られる4人のメンバーが顔を揃えたのである。

Mewの最初のライブはその年の暮れ、寒い12月に行われた。そして
Mewのパフォーマンスに魅了されたエージェントの1人、Jim Holmが
その時の彼らを見ていたのである。Jimはメンバーと契約し、彼らは
デンマ−クを巡るコンサートで演奏を開始、そのパフォーマンスは、
多くのスカンジナビアのレーベルから注目を集め始めたのである。

1997年、彼らはスカンジナビアのレーベル:Exlibrisとの契約に
サインすることになった。Jim Holmはその後、このレーベルの
A&R責任者となる。同年1月、彼らはデビューアルバムの製作に
取り掛かった。Boston(US)出身のバンドSwirliesの
ギタリスト/ボーカリスト:Damon Tutunjianにプロデュースを依頼した。

同年3月、デビューアルバムのリリ−スに先駆けシングルをリリースする。
そのシングルは"I should have been a Tsin-Tsi(for you)".
これは一般リリースではなくプロモーション用としてのリリースだった。
その曲は頻繁にラジオで流され、彼らは大きな飛躍の機会を得るのだった。

1ヶ月後の同年4月、デビューアルバム「A Triumph For Man」をリリース。
リリースと同時にすぐさま賞賛を受け、デンマークのベストニューアーティストに
ノミネ−トされる。しかし残念ながら、受賞は' Aqua 'と言うミュージシャンだった。

その後、彼らはデンマークを巡る大規模なツアーに出る。翌1998年には
デンマークのロックフェス、' Roskilde Festival' に出演。そしてこの年、
次のシングルとしてKasper Windingプロデュースによる、彼らの名曲
"She came home for Christmas" がリリースされた。

その頃にはすでに、彼らは次のアルバム製作を決心していた。
1999年2月、コペンハーゲンのSweet silence studiosで
このレコーディングをスタート。アルバムはFlemming Rasmussenと
Morton Sideniusの共同プロディース/エンジニアで作業が行われた。

しかしレコーディングから2ヵ月後、バンドに大きな影響を与える出来事が起った。
彼らのレーベルExlibrisが突然倒産したのである。

※Exlibrisは現在存続しています。「倒産」としたのは、原文にそう受け取れる
単語が書かれていたためです。しかし海外のウェブ上に掲載された
mewバイオグラフィーなどでは、「レーベルを離れた」と言うニュアンスでのみ
書かれているものもいくつかありました。そのため、当時Mewが
Exlibrisレーベルを離れた理由の詳細は不明です。

そんな状況の中、彼らはその2ndアルバムを仕上げることを決心する。
彼らはすでに14曲の新曲をレコーディングしていたが、そのアルバムから
6曲を省くことを決めた。メンバーによると、これについては「量より質を
重視した」とのこと。

時間のかかるExlibrisレーベルとの交渉は、彼らの契約切れの
2000年1月まで続いた。その頃彼らは、製作していた2ndアルバムを
リリ−スするため、自身のレコードレーベルを設立することを決める。
なぜなら彼らは6ヵ月もの間、''何もせずただ待っている''ことに、
新しい契約を実現させる希望を見出せなかったからである。

彼らは、この自身のレーベルに'Evil Office'と名付け、販売網として
Playground Musicと提携を結び、新レーベル設立に至ったのである。

2000年、Mewは彼らの2ndアルバム「Half The World is Watching Me」の
リリ−スを前に、アメリカで小規模のツアーを開始。彼らのすばらしいパフォーマンスは
評判となった。ツアーにはN.Y.マーメイドラウンジのギグも含まれていた。

その後も精力的に活動を続け、2001年にはついに、彼らにとっても
大きなレーベルの1つ、Epic Sonyとの契約と言う成果を手に入れたのである。

2002年、Epic Sonyから彼らのUKファ−ストシングル「Am I Wry? No.」が
リリースされる。それはすでにリリースされていた彼らの2ndアルバムの
"Half The World is Watching Me" に収録の同トラックより、わずかに
リミックスされたものだった。

これによって、UKのミュージシャン' Martin Grech 'をサポートして
UK各地のバーフライヴェニューを回る、彼ら初のUKツアーが始まったのである。

そしてMewは、自身の音楽の奥行きと力強さに加え、彼らの背後に、
ヨーナスが企画したショートフィルムを折り込むと言うステージを
体感することとなった。この演出は、彼らを様々な他のライブバンドから
際立たせるものとなり、そして各々の曲の本質を引き出し、その個性に
彩りを添え、彼らのパフォーマンスは、さらなる輝きを増すことになる。

Bo(G):『僕らはわずかにギターを教えあった程度なんだ』

彼らの音楽は今も強い感動を与え、
そのパフォーマンスは言葉にならないほどすばらしい。

The hills are alive with the sound of Mew.

このバイオグラフィーについて
2003年当時存在したイギリスのmewファンサイトの1つ
Wherever.cjb.net(現在このサイトは存在しません)に
掲載されていたもので、ウェブマスターに了解を得て当サイトに
和訳を掲載しました。Wherever.cjb.netによると、
このバイオグラフィーの一部は2000.04.14にメンバー4人によって
語られた「Mew's story」から引用した内容をWherever.cjb.netが
編集したものであり、オフィシャルサイトのmewsite.comに
了承されたものだそうです。
なお、「Mew's story」についての詳細は不明です。

和訳/MEW-SOUND.NET管理人
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:59 | Mewバイオグラフィー

Introduction

+Introduction+
初めてMewを耳にした時、印象的だったのが
高揚感のあるJonasのボーカルでした。
その柔らかな歌声と対極をなすような激しく重厚感のある演奏、
メロディーとリズムが想像出来ない方向に飛び、複雑に展開する音楽。
それらも強く印象に残るものでした。
さらにライブでは、各曲に合わせた彼らのオリジナル映像が背後に流れます。

「初期の僕らのパフォーマンスは最悪で、音楽以外に何かオマケを付けないと
場が持たなかったんだよ(Jonas)」


しかしメンバーは映像に強いこだわりを持っているようです。
特にJonas(V0.)はアニメーション制作の経験があり、
映像の立案は彼が中心に行っているとのこと。
Mewの「映像+音楽の融合」は、最初から意図的な思いがあるようです。

「映像と音楽は僕らにとって常に切り離せないものだったんだ。2つを融合させて
曲の周りに独立した世界を作るんだ(Johan)」


映像が流れるためにライブ中のステージは暗く、時折彼らを照らすライトが印象的に思えます。

『イメ−ジ優先ってこともないよ。
映像によって自分達の存在を隠しているのではなく、
照明も映像も全て効果を考えてやっているんだ(Jonas)』


この独特の世界観が、Mewの魅力の1つと言えると思います。
*frengers日本盤アルバム解説/海外サイトのインタビュー記事より、一部引用しています。
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:59 | Mewバイオグラフィー

【バイオグラフィ】DENMARKロック百科 (1995-2003)

--このバイオグラフィーについて--
本文の原文は、デンマーク語で書かれた
Denmark Rock Encyclopedia(デンマークロック百科)というものから引用した文章のようです。2003年4月頃、デンマークのMEWファンによって、デンマーク語から英訳されオフィシャルサイの旧掲示板に投稿されていました。当時私がその英訳をさらに和訳したものが下記です。私の辞書レベルの乏しい英語では、投稿された英訳は理解しづらく、また、デンマークの音楽事情等にも詳しくないため、文章に曖昧な点や読みにくい点があるかと思います。ご理解いただければ幸いです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

MEWのメンバーは1995年に出会い、同年12月Propdenopの前座として、Port Friendlyと共にコペンハーゲンのベニューStengade30でデビューした。

----1996年----
翌年1996年2月、彼等はScotland出身のTelstar Poniesの前座を勤めた。その後、Jonasにある人物が直接連絡をしてきた。その人物とは Nikolaj Norlund 、Denmarkのシンガーソングライターである。

彼はJonasに、P4とP1*で放送する、彼のアルバムNavnlos(Nameless)*からの曲"Lille Digt(DetlilleDigt)"のアコースティックバージョンを一緒に演奏しようと申し出たのだった。この曲はこの年の春、Det Elektriske Barometer*の放送内でのみ流された。

*P4とP1:DR (Denmark放送協会)のラジオチャンネル
*Det Elektriske Barometer :DRのラジオチャンネル「P3」内の番組プログラム
*アルバム'Navnlos(Nameless)'は全編デンマーク語、Exlibrisからのリリースです。

同年の3月〜4月、MEWは2つのコンサートで演奏をした。いずれもDenmarkのミュージシャンとともに出演。1つはPurrと共に、もう1つはLOVEBITESだった。6月には、コペンハーゲンのベニューLOPPENにて、アメリカのインディーバンドをサポートした。

続いてMEWは、DenmarkのミュージシャンLuksus*と共に 様々なP4 people(?)が集まるイベントKlub Tidens Toneklangで演奏し、 さらにはDJとしても活躍した。

ヨーロッパにおける、MEWのフェスとの関わりは1996年11月ごろからで、DRのラジオチャンネルP3主催のライブでは WHEREVER を演奏した。その演奏には親友のHannah Heilmannがフルートプレイヤーとして参加した。

コペンハーゲンのベニューVEGAでのその年のクリスマスイベントは、MEW のコンサートで盛り上がりを見せた。そのイベントにはNikolaj Norlund,Luksus, Port Friendly,Lovebites,Speaker Bite Meなどのミュージシャンたちも出演した。

またこの年の秋には、スカンジナビアのレコードレーベルExlibrisがMEWと契約を交していた。 英語で書かれた彼等のデビューアルバムがそこからリリースされることになる。

*Luksus:2001年解散。元LuksusギタリストMikael simpson

----1997年----
1997年始め、メンバーはプロデューサーの DAMON TUTUNJIAN (THE SWIRLIES)と共に デビューアルバムのレコーディングのためスタジオ入りする。
同年3月始め、1stシングル I SHOULD HAVE BEEN A TSIN-TSI (FOR YOU)がデンマークでプロモーションリリースされた。この曲のPVは、Nicolas Windingがディレクターを勤めた。

4月、彼らのデビューアルバム A TRIUMPH FOR MAN がリリースされ、 その評判は極めて良好だった。これがリリースされた時、メンバーの平均年齢は20歳だった。その後、5月にかけて彼等はLuksusと共にDenmark各地を巡るツアーに出たのだった。

MEWは SHE CAME HOME FOR CHRISTMAS をクリスマスシングルにと、デビューアルバムに収録されている同曲をアレンジした別バージョンをリリースすることを考えた。
彼等は KASPER WINDING にコンタクトを取り、その曲のプロデュースの依頼。ゲストにはデンマーク少年聖歌隊が参加し、完全に新しいバージョンが提案されたのである。12月、 レコードショップに並んだSHE CAME HOME FOR CHRISTMASのEPには、その曲も収録されていた。この曲のすばらしいPVを製作したのはJoachim Bachであった。

----1998年----
1998年、MEWはベニューやフェスで演奏し、 この年の夏、Denmarkの伝統あるロックフェス:ROSKILDE FESTIVAL にも出演した。その後メンバーはしばらくの間、次のアルバムの曲作りにかかっていた。

それと同じ頃、MEWはEXLIBRIS から離れようとしていた。その後、自主レーベルのEVIL OFFICE を設立。次の彼らの2ndアルバムはこのレーベルからリリースされることになる。

----2000年----
1月、MEWは再びライブ活動を開始。 この時、アイスランドのミュージシャン:SIGUR ROS と共に回った。

MEWの次のアルバム: HALF THE WORLD IS WATCHING ME のレコーディングは、途中アメリカのニューヨークとテキサスへのギグのために中断もしたが、 コペンハーゲンのスタジオ:SWEET SILENCE STUDIOで、Flemming Rasmussenと共に行われた。

同年5月、そのアルバム: HALF THE WORLD IS WATCHING ME はリリースされた。それには2つのデュエットソングが含まれていた。1つはスウェーデンのシンガーSTINA NORDENSTAM と、もう1つは当時若干13歳の少女: Beckey Jarretとともに歌ったものだった。彼女はアメリカのジョージアに在住で、 Jonasとはインターネットのチャットで知り合ったそうである。

このアルバムには更に、TIM CHRISTENSEN(mellotron), Klaus Nielsen(keyborads),Rasmus Sugarglam(piano), Kasper Tranberg(trumpet)...らが参加している。 その結果、一層メロディアスなものになり、1stアルバムよりさらにレベルアップしたものになった。プレスも一般リスナーもこれをとても好意的に受け入れたのである。

そしてこのアルバムからの1stリリースシングル KING CHRISTIAN はP3で頻繁に取り上げられ、 また、このアルバムは、DKの音楽雑誌GAFFAの読者投票により、2000年のベストアルバムに挙げられた。

----2001年----
MEWは再びツアーに出る。そのライブでは彼らの背景にJonas制作のビデオが流された。
2001年2月、MEWはRobbie Williamsのサポートとして、Denmark/Swedenを周り、そこで今までにない多くのオーディエンスを前にしたのである。
3月19日、MEWはプレスからすばらしい告知を受ける。 大手レコードレーベルのEpic Sonyとの契約の話だった。
4月、Sort Solとともにツアーに出たMEWは、この年多くのサマーフェスティバルにも出演。

2001〜2002年にかけての冬、彼等はプロデューサーのRick Costeyと共にLos Angeles/London/Copenhagenで次のアルバム: FRENGERSのレコーディングを行った。
彼等にとって初の世界デビューとなるそのアルバムには、 この アルバムのための新曲と、mewが過去にリリースした曲の中でもベストソングと言えるもののニューバージョンがおさめられている。
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:58 | Mewバイオグラフィー

【バイオグラフィ】UNDER THE RADAR Issue6 (2004) - MEW INTERVIEW  

--この文章について--
本文は、アメリカの音楽雑誌「UNDER THE RADAR( Issue6) 」に掲載された
MEWへのインタビューの和訳です。英語が得意でないので、読み辛い点や
多少の解釈の誤りもあるかもしれません。ご理解頂ければ幸いです。
-----------

『そのバンドと僕らが比べられることは、特別悪いことじゃない。
"Take Me On"は多くのバンドが書く曲より、優れた曲の1つだよ』

良識あるベーシストのJohan Wohelertは、1985年にアメリカで
ただ1度のヒットを放ったバンド、"a-ha"について静かに思いを巡らす。

More
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:57 | Mewバイオグラフィー

Fusion Musique 2003.04.25 MEW Special Interview

・SONY MUSIC JAPANが2007年頃まで運営していたウェブサイト: Fusion Musiqueに、
 2003年当時掲載されたMewのインタビューです。現在上記サイトは閲覧できないので、
 そこからスクラップしておいたMEWインタビュー全文を下記に引用させてもらいます。

More
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:56 | Mewバイオグラフィー

音と映像のコラボレーション Mewインタビュー(2004.01掲載記事)

2004年1月のJAL(日本航空)機内誌"Skyward"に掲載されたmewの記事です。
私がMewファンサイト運営当時にMewファンの方から記事データを送って頂きました。
そこに掲載されていた文章を全てそのまま引用していますが、メンバーの名前のみ
カタカナ表記をアルファベット表記にしました。
文/服部のり子

More
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:55 | Mewバイオグラフィー

MEW RADIO出演(1)東京FM MOTHER MUSIC 2003.04.22放送

2003〜2005年頃、MEWが出演した日本のラジオ番組(全てではないです)から、
部分的に発言を拾いました。聴いたそのままをテキストに起こしたものです。
また、ラジオ番組プログラムは現在終了している可能性もあります。

(1)東京FM MOTHER MUSIC 2003.04.22放送

More
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:54 | Mewバイオグラフィー

MEW RADIO出演(2)J-WAVE 2003.05放送

2003〜2005年頃、MEWが出演した日本のラジオ番組(全てではないです)から、
部分的に発言を拾いました。聴いたそのままをテキストに起こしたものです。
また、ラジオ番組プログラムは現在終了している可能性もあります。
-----------------------------------------

More
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:53 | Mewバイオグラフィー

MEW RADIO出演(3)INTER-FM "THE HITMONGER" 2005.09.15(木) 放送

2003〜2005年頃、MEWが出演した日本のラジオ番組(全てではないです)から、
部分的に発言を拾いました。聴いたそのままをテキストに起こしたものです。
また、ラジオ番組プログラムは現在終了している可能性もあります。
-----------------------
(3)INTER-FM "THE HITMONGER" 2005.09.15(木) 放送

More
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:52 | Mewバイオグラフィー

MEW RADIO出演(4)INTER-FM "THE HIT MONGER" 2005.12.05放送

INTER FMのTHE HIT MONGERと言う番組で流れたMEWのインタビュー。
これは2005年11月28日(月)に行われたインタビューだそうです。

テーマは "2005年を振り返って"

その中のコメントを抜粋したものです。

続きを読む...
[PR]
by a_sound | 2005-01-01 23:51 | Mewバイオグラフィー